風俗の給料でも社会保険料は引かれるの?

風俗給料の福利厚生が気になる!社会保険料は引かれるのか? - 風俗の給料でも社会保険料は引かれるの?

風俗の給料でも社会保険料は引かれるの?

仕事を選ぶ時に決め手になるのはやっぱり福利厚生の存在になりますが、風俗のような水商売でも社会保険が付いてくるのかは気になりますよね。あるかないかでは大違いです。
もしも保険料が天引きされないというのならば、自分でしっかりと国民健康保険に加入しなくてはいけませんし、それなりに面倒な手続きを踏まなくてはいけないので早めに把握しておきましょう。

男性店員と風俗嬢の違い

fkuf
男性スタッフとして風俗店員になるのならば、アルバイト程度では社会保険完備なところは殆どありませんが、社員になればきちんと福利厚生が付いてくるところもあるのでチェックしましょう。
ただ、ある程度の期間はきちんと働いてからでないと加入させて貰えないお店が殆どだとも言えるので、未加入期間は自分でしっかりと役所にいって各種保険や年金の手続をしなくてはいけません。
かなり面倒臭いなあ…。なんて思ってしまうかもしれませんが、放置していたとしてもいつかは絶対に払わなくてはいけないお金になるので、早めに支払ってすっきりした方がいいですよ。

女性の風俗嬢ならばそもそもお店と雇用契約は結んでおらずに個人事業主として業務依頼を受けているという関係が殆どなので、風俗給料から社会保険料が天引きされることは殆どありません。
お店によってはきちんと登録されていると引かれているかもしれませんが、そのようなところは稀なので税金関連に関しては絶対に自分で届け出をしておかなくてはいけないので注意しましょう。
ただ、キャバクラ風俗店で働いている女の子たちのほとんどはどのような立場で働いているのかをきちんと理解できていないので、知らず知らずのうちに脱税をしているのが現状です。

面倒なことはやりたくなくても

rhshts生きていくだけでも健康保険に年金、住民税や所得税を払っていかなくてはいけないので、どれだけ稼いでも暮らしが楽にならない!と嘆き続ける日々かもしれませんが納税の義務は果たさなくてはいけません。
収入がない人は減免を申し出るという手もあるのですが、風俗店で店員になっているのならば、そのような手は通じませんし、諦めてしっかりと計算してから然るべきお金を払いましょう。
天引きされることがない風俗嬢だと何となく放置してしまうかもしれませんが、保険がなければ病気になってしまった時に全額自己負担ということになってしまうので、かなりの痛手になります。

特にどれだけ気を付けていたとしても性病に感染するリスクというのは一般人より高くなるものですし、万一の時を考えると健康保険への加入は絶対にマストになると言えるのではないでしょうか。
お金を払うのが嫌で放っておいた結果、より大金を支払わなければいけなくなった…。というのでは本末転倒なので行政からの処分が下る前に早めに手続きしておいた方がいいかもしれません。

事前にしっかりと確認を

htrsyjtdj年齢が若い人たちにとっては税金関連の話は何がなんやらさっぱりかもしれませんが、男性が風俗店員になる時も、女性が風俗嬢になる時も面接時にしっかりと確認しておきましょう。
中年以降になった時に未納分の督促が大量に届くかもしれませんし、そうなると過去を振り返って後悔するでしょう。将来的な憂いが見え隠れしているのならば早めに解決するべきです。
自分のことになるのである程度はしっかりと勉強をしておくといつか活かせる機会がくるかもしれませんし、何をするにしても保険や税金について知っておくのはいいことでしょう。

Copyright(C)2016 風俗の給料でも社会保険料は引かれるの? All Rights Reserved.